aviutlで編集しようとした動画が音ズレしてて困ったときの対処メモ

lol実況part4作成しようとしてるゆあ氏です
lolの動画編集中、というか編集しようとaviutlで読み込んだら音ズレが発生したんでどうにかしようとしてどうにかなったんでメモっておきます
ちなみに音ズレは最初の方は6秒くらい音が遅れており後半になるにつれ徐々に音があっていく感じ
とりま原因はNVIDIAのShadowPlayで録画したものが約60fpsでCFRじゃくてVFRだったのが原因と分かった、ここまではすぐ分かった
※ShadowPlayの設定ではCFRにする方法は今のとこ無いみたい
じゃあ再エンコしてCFRにすればええやん!って普通に思ってエンコソフト探したらHandBrakeというのを発見
それで設定ちょっと触ってエンコしてaviutlで読み込んだら音ズレ自体は直りました
がしかし、言葉にするのは難しいですけど動画が全体的に重いっていうの?シークバーとか動かしても再エンコ前(ShadowPlayで録画したファイル)の場合はコマ送りとかされるけど再エンコ後はコマ送りされなかったりaviutlで再生しようとしても遅いと10秒くらい止まってたり
つまり編集しようとするたびに毎回止まるとかいうやってられない感じに・・・
でそっちを調べようとしてふと毎回音ズレする動画は編集前にエンコとかやってられないしaviutlでどうにかできないか調べたら速攻でてきました
aviutlのファイル→環境設定→入力プラグインの設定→L-SMASH Works File Readerの設定 を開き
VFR->CFRにチェックを入れを60000/1000にすると動画を読み込む際に60fpsの固定フレームレートに変換して読み込むことができるみたいです
これだけで音ズレがなくなりました!再エンコとかなんだったのか!!
ちなみにコマ送りが上手くいかないのはキーフレームとか関係ありそうと思うけどまあ本題の音ズレ問題は解決したんで自分はこれ以上調べないです、気になるけどこれ以上時間使いたくないんで

One thought on “aviutlで編集しようとした動画が音ズレしてて困ったときの対処メモ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。